昨日、「銀座へしれけーき」をいただきました

へしれけーきって聞いたことはあったのですが、食べたことがなくて初めて頂きました。

上品の甘さでとっても、しっとりした舌ざわり♪とっても美味しいケーキでした。

早速、「銀座へしれけーき」のことや私の食べてみた感想、口コミをご紹介させていただきます。

銀座へしれけーきとは?

「銀座へしれけーき」って?という方もいると思います。

実は私も、聞いたことはあるけど詳しくはわからなったので「銀座へしれけーき」について調べてみました。

銀座へしれけーきは「Kuma3」が手掛ける手土産スイーツ

銀座へしれけーきは銀座にある「Kuma3」という日本料理店が手掛けるスイーツです。

お店の立地から高級感を感じてしまう田舎者の私です。

はじめは、お店のゲストへの手土産として渡されていたものが、お店で買えるようになりました。

1つ1つ丁寧に焼き上げる特別な製造方法、厳選された素材を使ったケーキは1日20本限定だそうです。

銀座へしれけーきの公式サイト

銀座へしれけーきの種類

銀座へしれけーきは3種類あります。

 

  • 銀座くろまめへしれけーき 5,800円(税抜)
  • 銀座わぐりへしれけーき 6,800円(税抜)
  • 銀座抹茶へしれけーき 6,300円(税抜)

 

厳選された「丹波黒豆」、大粒の「和栗」、京都・三重県産の「宇治抹茶」、丹波産の「大納言小豆」が使われています。

どれも、フランス中西部の伝統ある「最高級発酵バター」、山形県の「朝取り紅花たまご」を贅沢に使って作られています。

スポンサーリンク

くろまめへしれけーきをいただきました

「銀座へしれけーき」には何種類かあるようですが、今回いただいたのは「くろまめへしれけーき」です。

厳選された丹波の黒豆を使ったケーキとのこと。

箱も高級感ありますね~♪

冷蔵庫で冷やして食べたほうが風味が増すそうです。

2~3時間冷やしておきました。

黒豆がぎっしり。おいしいそうです。

上品な甘さ。しっとりとしていて、軽くないけど重くない。いつも食べているケーキとは違いました。

銀座へしれけーきはどこで買える

銀座へしれけーきは、店舗または通販で購入ができます。

Kuma3の店舗または松屋銀座地下1階「銘家逸品」コーナーで購入ができるようです。

事前の予約が必要な場合もあるようなので、気になる方は銀座へしれけーきのサイトをよく確認してくださいね。

銀座へしれけーきのECサイトを利用すれば通販で購入することもできます。

数量限定でしかも人気商品なので、発送は1ヶ月以上先になってしまうみたいです。

銀座へしれけーきの公式サイト

銀座へしれけーき まとめ

今回、たまたまいただいた「銀座へしれけーき」。

 

高級品なので、次はいつ食べれるのか?!いやもしかしたら一生でこれが最初で最後だったかもしれません。とっても美味しかった。

また、いつか食べれたらいいな~。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事