おなかが辛いとき「快調茶」でどっさり?すっきり?口コミレビュー

毎日すっきりするのが理想ですが、食べたものや体調、体質などによりなかなか出ない。おなかが張る。下腹部がぽっこりしてしまう。ということがありますよね。

便秘の対策はいろいろありますが、お茶を便秘対策の効果があるものに変更をするのも一つ。

便秘対策ができるお茶はたくさんありますが、今回は「快調茶」というお茶を飲んでみました。

快調茶ってどんなお茶?

快調茶の一番の特徴は「キャンドルプッシュ」を配合しているところです。

キャンドルプッシュは別名ゴールデンキャンドルといい、インドネシアなどで使用されてきたハーブの1つです。

便通改善成分でであるセンノシドが含まれていて、スッキリすることができるので健康や美容に効果的と言われてきたようです。

ただし、飲みすぎると人によっては激しい下痢をしてしまうことがあるようです。

くれぐれも1日の目安量を守って利用するようにしてください。

快調茶は1日1杯(5g)が目安です。

快調茶のほかの成分

快調茶にはキャンドルプッシュ以外にも難消化性デキストリン、植物発酵成分、キダチアロエ、こんにゃく芋などが含まれています。

  • 難消化性デキストリン・・糖の吸収を抑える働きがあり
  • キダチアロエ・・ビタミン、ミネラルなどが豊富
  • こんにゃく芋・・食物繊維たっぷり
  • 生しょうが・・・体をあたためる

おなかをすっきりする成分のほか、美容成分も入っているからダイエットのお供にもできそう!

茶葉としては、杜仲茶、ハト麦茶、緑茶、黒ウーロン茶が使われていてどれもダイエットパワーがあるとして知られています。

ノンカフェインなので、飲む時間を考えなくてもいいのはうれしいですね。

スポンサーリンク

快調茶を飲んでみた 口コミレビュー

快調茶を飲んでみた感想などをレビューしていきたいと思います。

快調茶は非常に細かい粉末状のお茶です。封をあけるとふわ~っと粉が舞うような感じです。

勢いよく開けると大変なことになりそうなので、ゆっくり開けてくださいね。

中には専用のスプーンが入っています。

1日の目安量はこの1杯分。

お茶ですが、緑色ではなく茶色。

杜仲茶やウーロン茶など茶色の茶葉が使われているのでこんな色なのでしょうか?

作り方は付属のスプーン1杯分を200ml程度のお湯または水で溶かすだけ。

簡単に作れるのはうれしいですね。

お湯でもOKとのことは知っていたのですが、パッケージの裏の説明に水で溶かすと書いてあったので水を使用してみました。

WEBサイトなどでは200mlのお湯または水って書いてあったのですが、パッケージには100ml・・・。

どっちなのかよくわかりませんが、1日の摂取量の目安はスプーン1杯分なので濃さは好みに合わせて調整です。

水を入れるだけでさっと溶けることはなかったので、スプーンでまぜまぜ・・

結構まぜたつもりでしたが、混ぜ方が悪かったのか大きなかたまりが残ってしまいました。

少しずつ混ぜたほうたほうがいいのかもしれません。

混ぜるのに時間がかかるのは面倒だなーーーー、、と思ったので、お湯で作ってみました。

お湯を入れただけで、だいたい溶けました。

少し混ぜるとほぼ溶けたようです。

混ぜる手間を省くならお湯で作ったほうがよさそうです。

できたお茶をさっそくいただきました。

味はお茶っぽくない・・香ばしい香りと味わいのするお茶でした。

特別なクセや後味などはなく、口の中はすっきりしているので飲みやすいお茶でした。私は結構好きな味ですが、苦手な人ももしかしたらいるかも。

私はもともと便秘で困っているわけではなかったのですが、お茶を飲み始めて自然にスッキリが続きました。

まだ飲み始めて日が浅いので、そのほかの効果はわかりません。でも、便通をよくすることで腸の状態がよくなり、腸の状態が良くなると精神面もよくなり肌もきれいいなるといわれています。

続けることで色々良い効果がでてきそう!と感じました。

まとめ

快調茶は飲みやすく続けやすい健康茶です。

初回は約30日分は780円で購入できるので、つらいお腹のはりで困っているなら利用してみては?

定期購入なのですが、配送予定の10日前に連絡をすればキャンセルすることもできます。

キャンペーンを利用できるので、もし口にあわなかったら・・。という心配をすることがなくてうれしいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事