KUGENUMA SHIMIZU 可愛い楽しい自分で挟む「もなか」

湘南藤沢のレストラン「クゲヌマシミズ」。

レストランだけでなく、和や洋のスイーツを展開し、地元のショッピングモールだけではなくGINZA SIXにも出店をしている人気のお店です。

レストランやカフェの評判はとても良くソフトクリームなどもとても人気があります。

そんな「クゲヌマシミズ」の可愛い和菓子「最中」を紹介したいと思います。

KUGENUMA SHIMIZU とは

KUGENUMA SHIMIZUは神奈川県藤沢市のフレンチレストランです。

フレンチレストランだけでなく、テラスモール湘南には「鵠沼しみず」というカフェとフードコートには「KUGENUMA SHIMIZU」というソフトクリームなど販売する店舗があります。

また、最近では東京のGINZA SIXにも「KUGENUMA SHIMIZU」を出店し、ソフトクリームなどが大変人気なようです。

調べてみましたが、WEBサイトはないようで、クゲヌマシミズなのかKUGENUMA SHIMIZU なのか・・・鵠沼清水なのか?!

ちょっとよくわかりませんでした。

インスタグラムはありましたよ。→ KUGENUMA SHIMIZU

スポンサーリンク

鵠沼しみず の七福もなか

今回ご紹介をするのは、鵠沼しみずのもなかです。

このもなかは「お手作りもなか」。

こちらは自分で挟む「もなか」です。

ほかの形のものもあるようですが、私が購入をしたのは「七福もなか」。

七福神の形をした可愛らしいもなかです。

自分で挟むタイプの「もなか」は色々あるようですが、こんなに可愛らしい最中ってあまりないですよね。

鵠沼しみず の七福もなかを食べてみた

七福もなかには7つのもなかの皮と、餡が7袋(うち3袋は白あん)

作り方の紙も入っています。

それぞれの皮には表と裏はないようで、どちらも同じ模様でした。

餡を袋から出して入れる

気になる方は、ここでスプーンやナイフで餡をきれいにするのかな?

私は気にならないので、そのまま蓋を・・

手のひらサイズのちょうどよい大きさのもなか。

かわいい♪

続いて少し小さめサイズのひょうたん。

餡が余ってしまいました。

ひょうたんよりも小さな皮もあるので、餡は残り気味になってしまうのかもしれませんね。

はさむだけなので、詰め込んでもよさそうですよ。

作ったもなかを頂きました♪

はさみたて♪ということで、皮はサクサク。餡は程よい甘さでとてもおいしかったです。

可愛らしさと、餡を挟む楽しさ。手土産として喜ばれそうですね。

まとめ

鵠沼しみずの七福もなかを紹介しました。

賞味期限は90日程度あるようなので、お土産としてもぴったり。

可愛いくて、挟む楽しさもある「鵠沼清水のもなか」。

購入ができるのが、藤沢市のテラスモール湘南、東京銀座のGINZA SIX 。

通販は探しましたがないようです。

ぜひ近くに起こしの際には立ち寄ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事