菊姫とはどんな日本酒? 

菊姫とはどんな日本酒でしょうか?

買取相場と合わせて、どんなお酒なのか確認をしてみましょう。

菊姫は情熱をもって作られている日本酒

菊姫は石川県白山市の菊姫合資会社によって醸される銘柄です。グルメ漫画の「美味しんぼ」の日本酒を題材にした話のモデルにもなっており、実力とともに全国区で人気な酒蔵です。

ここでは使用している酒米にとにかくこだわっており、酒造好適米がたくさんある中の王とも呼ばれている山田錦、更には特A地区の中でも最高ランクであると言われている吉川町の地域指定をしたものを使用して酒造りをしています。

 

吉川町では稲作に最適な気象条件や風土だけではなく、この地域で山田錦を一筋に情熱をもって作り続けている篤農家の方々がいます。この酒蔵では納得できる最高の山田錦は吉川産だけであり、米を極めることによって真の酒造りであると考えています。

また、全国で山田錦を100%使い普通酒をつくったのはこの蔵であり、長年続いている酒造りへの情熱と愛を感じます。

スポンサーリンク

菊姫の味わい

日本酒のタイプとしては、どっしりとした米の旨みと香ばしさを感じることができ、まさに「濃醇」という言葉が合う日本酒です。

 

この蔵では季節もの以外の酒は基本的に1年~などと熟成された状態で出荷しており、より旨みが凝縮された味わい深さを楽しむことが出来ます。

日本酒の熟成はただ置いておけばいいのではなく、保管する環境をしっかり整えなければいけないため管理も難しいと言われています。

菊姫の中の菊姫「菊理媛大吟醸」

その中でも、菊姫 菊理媛(くくりひめ)大吟醸はその年ごとの最高の吟醸酒を十数年ゆっくりと時間をかけてつくりあげた熟成古酒です。名前の由来は白山で信仰している御祭神の「菊理媛」からきており、菊姫の中の菊姫を象徴したものです。

吟醸酒がまだ世に未だ広く知られていなかった頃から「飲んで旨い吟醸酒」を追及してきました。

その思いや精魂を積み重ねてつくられたものがこの酒なのです。

元の酒の価値もとても高く、年に1,2度しか出荷しない為、希少価値が高く手に入れたい方は平気で1年を待つほどだそうです。贈答用には勿論、日本酒好きならば是非とも飲んでみたい酒として有名です。

スポンサーリンク
おすすめの記事