キルベガンとはどんなウイスキー? 

キルベガンの買取相場と合わせてどんなウイスキーなのか紹介をしていきます。

キルベガンの歴史

アイルランドのウェストミーズ州にあるブロスナ川沿いにキルベガン蒸溜所はあります。

この蒸溜所は1757年に蒸溜所のライセンスを取得し稼働が始まりました。現存する蒸溜所の中では最古の蒸溜所と言われています。

ちなみに最古の蒸溜所と言われているブッシュミルズ蒸溜所は記録が無いため、記録上ではこのキルベガン蒸溜所が最古の物と言われています。

稼働が始まった当初ブルスナ蒸溜所という名前でしたが、1843年にジョン・ロックによって蒸溜所か購入されるとロックス蒸溜所へと名前を変えました。

 

その後順調に売り上げを伸ばし続けたロックス蒸溜所ですが、1920年から始まったアメリカの禁酒法やイギリスの関税引き上げなどによりアイリッシュウイスキーは大打撃を受けました。

その例に漏れず、ロックス蒸溜所も1953年に営業を停止せざるを得ない状況に追い込まれました。しかし30年以上経った1988年に転機が訪れました。

 

クーリー社がロックス蒸溜所とキルベガンの商標を買い取りオーナーとなったのです。その後キルベガン蒸溜所は博物館として運営され、代わりにクーリー蒸溜所でキルベガンの製造を行っていました。

しかし2007年に小規模ではありますがキルベガン蒸溜所が再稼働したことにより、キルベガン蒸溜所で再びウイスキーが造られ、ブティック・ディスティラリーとしての人気を集めています。

スポンサーリンク

キルベガンの味わい

このキルベガンというウイスキーはクーリー社が蒸溜した一部の原酒をキルベガン蒸溜所の貯蔵庫にて熟成させ、キルベガン蒸溜所で蒸溜された原酒とブレンドして造られた物です。

かなり軽い飲み口からアイルランドでは家庭用のウイスキーとして多くの人気を集めています。日本ではアイリッシュウイスキーはマイナーな部類に入るウイスキーではありますが、軽い飲み口であるため好んで飲む人は意外と多いです。

キルベガンも多くのファンを獲得しているため、意外にも需要が多いウイスキーです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事