イチローズ・モルトとはどんなウイスキー? 

イチローズ・モルト(ベンチャーウイスキー)の買取相場と合わせてどんなウイスキーなのか紹介をしていきます。

イチローズ・モルトの歴史

イチローズ・モルトというウイスキーはウイスキー愛好家から隠れた人気を集めており、まさに知る人ぞ知るウイスキーとしてひそかな人気を集めています。

東亜酒造という埼玉県にある企業の創設者の孫にあたる肥土伊知郎がイチローズ・モルトを生み出しました。もともとこの企業は羽生蒸留所という自社の蒸留所を保有していましたが、経営危機により子の蒸留所は売却されました。

しかし、営業を譲渡した企業からウイスキー事業の撤退を迫られます。そして残っていた設備の撤去と400樽にも及ぶ原酒を廃棄するように勧告を受けました。

しかし伊知郎は原酒を廃棄することはできないと、多くの企業を回り福島にある笹の川酒造に大量の原酒を預けることに成功します。

その後伊知郎は自らの手で秩父市にベンチャーウイスキー企業を立ち上げ、自前の蒸留所も2007年に立ち上げました。そしてイチローズ・モルトの販売を開始しました。

伊知郎は自らイチローズ・モルトの営業をするために多くのバーを巡り、その人柄の良さから多くのバーでイチローズ・モルトは受け入れられました。

スポンサーリンク

伊知郎氏のウイスキーに対するこだわり

新たに立ち上げた秩父蒸留所で使用されている蒸留釜はウイスキーの本場であるスコットランドから取り寄せた本格的なものを使用しています。

現在ではほとんどがステンレス製に移行する中、発酵する際に使用する発酵樽にはミズナラを使用している木製の発酵樽で発酵を行っています。このミズナラは伊知郎が自ら北海道へと行き、選んだものを加工したものです。

蒸留所の敷地内には樽の製作所がおかれています。さらに麦芽の発芽を促す際、わずかではありますがフロアモルティングが行われていたりなど、ウイスキーに対する並々ならぬこだわりがうかがえます。

イチローズ・モルトの世界での評価

世界でもかなり評価が高く、イギリスのウイスキーマガジンではジャパニーズウイスキー特集でも取り上げられ、2007年から5年連続で最高得点のゴールドアワードに取り上げられるなど、多くの栄誉を与えられています。

かなりのラインナップを誇り価格もピンからキリまであり、ネット上では80万円を超えるものまであります。また、どれも多くの需要があるため売って損はないウイスキーだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事