兼八とはどんな焼酎? 

兼八とはどんな焼酎でしょうか?

買取相場と合わせてどんな焼酎なのか紹介をしていきます。

兼八の名の由来

四ッ谷酒造の製造している焼酎の一つとして兼八は知られています。四ッ谷酒造は1919年に創業した老舗の酒造メーカーで、創業者である四ッ谷兼八は九州で飲んだ焼酎が忘れられず、魚市場の経営をやめて焼酎の製造に取り組み始めました。

その後四ッ谷酒造の培った技術は着々と受け継がれ、現在は5代目の四ッ谷岳昭氏が四ッ谷酒造の焼酎造りを担っています。そんな四ッ谷酒造の製造する焼酎の一つ、兼八は現在の5代目が試行錯誤の末に生み出しました。

四ッ谷酒造の創業者、四ッ谷兼八の名を冠するこの麦焼酎は入手が困難なプレミア焼酎として多くのファンからの人気を獲得しています。主流ではない焼酎造りというモットーで焼酎の製造を行う四ッ谷酒造が製造する兼八は他の麦焼酎とは一線を画す存在として多くの人気を集めています。

スポンサーリンク

兼八の味わい

通常麦焼酎の原料には大麦が用いられますが、兼八は裸麦という子実と皮が癒着していない品種を使用しています。これにより蒸留の際には大麦よりも柔らかくなります。

さらに裸麦の香りや風味、そして麹の個性などを殺すことなく原酒を抽出することができ、他の麦焼酎とは違い、麦の風味とうまみの詰まった味わいとなるのです。

そんな兼八の味わいはよく、麦チョコのような味と表現されます。麦のうまみが詰まった兼八は多くの人気を集めており、焼酎が苦手な方でも飲みやすいものとなっておりますます入手が困難な焼酎となっています。

兼八の買取相場

そんな多くの人気を集める兼八ですが、需要に対して生産量の少ない焼酎であるため幻の麦焼酎とも評されるほど入手が困難な焼酎です。

また、兼八はいくつかのラインナップを展開しており、ネット上では高値で取引されているものもあります。また、終売となってしまった兼八ゴールドに関してはかなりの高値で取引されています。

他にも終売となってしまった銘柄は存在しており、そちらのほうも高値が期待できるといっていいでしょう。また、通常のモデル兼八も高めの価格で取引されているため、買い取りに出しても損はない焼酎だと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事