富乃宝山とはどんな焼酎? 

富乃宝山とはどんな焼酎でしょうか?

全国的に有名な富乃宝山

富乃宝山は鹿児島県の薩摩半島にある西酒造にて製造されています。西酒造は1845年に西助左衛門によって創業され、以来170年以上もの歴史を重ねてきた老舗の酒造メーカーです。

昔は地元の特約店でのみ、取引をしていたため、西酒造の焼酎は全国的には知られていませんでした。しかし、現在の社長である濱田雄一郎氏が長い間取引していた地元の特約店との契約をやめ、自社での卸売りを始めたことから西酒造の作る焼酎は全国的に広まりました。

富乃宝山は西酒造の製造する焼酎の中でも代表的な銘柄で、過去に起こった焼酎ブームを牽引した焼酎の一つとしても知られています。

スポンサーリンク

富乃宝山の製法

原料に使用されているサツマイモには黄金千貫という焼酎の製造に最も使用されている品種が使用されています。富乃宝山では高品質な黄金千貫をさらに厳選したもののみを使用し、黄麹にて仕込みを行っています。

また、水にもこだわり、さつま宝名水と呼ばれている薩摩鋒山の麓から湧き出ている天然水が使用されています。そして、富乃宝山の製造の際に特徴的なのがその蒸留方法です。

焼酎の蒸留には常圧蒸留や減圧蒸留などの方法がありますが、富乃宝山では初めに常圧蒸留をして、途中から減圧蒸留に切り替えるという珍しい手法を採用しています。

今なお人気な富乃宝山

ロックで飲める芋焼酎というコンセプトのもとに作られた富乃宝山は、滑らかな口当たりで、上品な芋の甘さを感じることができる焼酎として多くの人に親しまれています。

富乃宝山は、芋焼酎は臭くて飲めないといった今までの常識を刷新しました。焼酎ブームを引き起こすきっかけを作った焼酎ともいわれており、その人気はいまだに衰えるところを知りません。

富乃宝山は宝山シリーズと呼ばれているラインナップの一つです。宝山シリーズには吉兆宝山や薩摩宝山などといったシリーズが展開されており、20種類近く存在しています。

その中でも富乃宝山は焼酎ブームの火付け役として、そして宝山シリーズの原点として、高い知名度を誇っています。また、富乃宝山のラベルの裏にはありがとうという文字が印字されています。ラベルの裏にメッセージが印字されえているお酒は珍しく、西酒造の遊び心が感じられます

スポンサーリンク
おすすめの記事