界とはどんな焼酎? 

界とはどんな焼酎でしょうか?

界という名の由来

鹿児島県の船津市で大正4年に創業した東酒造で界は作り出されました。何事も自然が一番という東酒造の教えを守り抜き、高品質の焼酎を作り続けています。

界という名前は芋焼酎の入門酒として飲み比べる基準となる焼酎づくりをめざして、界という名前を付けたそうです。焼酎オーソリティ向けに作ったといわれており、店頭で見かけることはあまりありません。

界は芋焼酎の中でも高い知名度を誇る魔王の製造に携わった東酒造の3代目である前村貞夫氏が作り出しました。東酒造だけではなく他の蔵でも修行を重ねた前村氏の作りだした界はいまだに根強い人気を誇る芋焼酎です。

スポンサーリンク

界の味わい

原料となるサツマイモには焼酎の製造に最も向いている品種である黄金千貫が使用されており、中でも厳選された品質の高いものだけを使用しています。

水にはシラス台地という巨大な自然のろ過装置を長い年月をかけて通過し湧き出る超軟水、大重谷原水が使用されています。鹿児島県内にある30か所近くの水源から湧き出る水を厳選し、この水にたどり着いたそうです。

その後代々受け継がれてきた醸造技術と現代科学によって編み出された最新の解析技術によって醸し出されます。こうして作り出された黒麹仕込みの焼酎を2年以上の長期熟成後に数種類の白麹で仕込まれた芋焼酎をブレンドすることにより、界は完成します。

そのためフルーティーでまろやかな味わいを楽しむことができ、ストレートで飲んでもアルコールの刺激が少ないことから、アルコールが苦手な方でも楽しめる焼酎として多くの人気を博しています。

界の買取相場

界にはスタンダードな物の他に、黒麹仕込みの原酒に追麹仕込みの原酒をブレンドした界香風、原料であるサツマイモに紫芋などを用いて黒麹仕込みの原酒と追麹仕込みの原酒をブレンドした界香風紅、魔井村貞夫氏の技術のすべてが注がれ作られた至福の一滴が存在します。

この3つの焼酎は限定品で、入手は困難を極めます。特に至福の一滴は界の中でも最上級品であるため店頭はおろかネット上でもほとんど見かけることはありません。そのうえ多くの需要があるため買い取り価格はかなりの期待ができます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事