テタンジェとはどんなシャンパン? 

テタンジェとはどんなシャンパンでしょうか?

テタンジェの歴史

テタンジェとは生産地であるフランス国内にとどまらず、世界でも高い知名度を誇るシャンパーニュ・メゾンです。経営者であるテタンジェ一家が代々その味わいと品質を守り続けています。

テタンジェの始まりは第一次世界大戦中に若き将校であったピエール・テタンジェがフランスのシャンパーニュ地方に訪れたのが始まりでした。

その時に配属先であったマルケットリー城に一目惚れしたピエールはいつかこの城を一族の物とする誓いを立てます。そして数年後、フォレスト・フルノー社を買い取ったピエールは義兄とともに再びシャンパーニュ地方を訪れ、ついに念願であったマルケットリー城をテタンジェ一族の物とします。

そして、家名を冠したシャンパン、テタンジェブランドの展開を始め、シャンパン事業へと乗り出しました。これが現在世界でも知名度の高いシャンパンであるテタンジェの始まりです。

スポンサーリンク

テタンジェの製造環境

原料である葡萄は288ヘクタールもの面積を誇る広大な畑で栽培されています。日当たりの良い白い丘とも呼ばれるテタンジェが所有する広大な畑は石灰質の土壌でミネラルを豊富に含んでいます。

 

葡萄の品種は主に長期熟成に向いているシャルドネ種が使用されており、ほかにも長期的に取引をしているワイナリーや協同組合から厳正な審査を経たワインや葡萄などもテタンジェには使用されています。

熟成の際にはテタンジェの本拠地であるマルケットリー城の地下にある白亜紀からの石灰層を切り出して作られた地下洞窟にて行われています。年間を通して低い気温と適度な湿度が保たれているためシャンパンの熟成にはもってこいで、その環境で3年以上物熟成期間を経てテタンジェは完成するのです。

テタンジェの買取相場

テタンジェは世界的にも有名な高級シャンパンであるためかなりの需要を抱えています。しかし、需要に対する生産量は多いとはいえません。

そのため一番安いグレードの物でも5千円以上の価格で取引されることが多くいため買い取り価格もかなりの期待が出来ると言って良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事