割れない・洗いやすい透明急須。煎茶堂東京のお茶を飲んでみた。

日本茶ってほっとするし美味しいですよね。

でも、私の場合コーヒーなどに比べると飲む回数は少なめです。

なぜか、というと”急須”に原因があります。

昔からよくある形の急須を使っているのですが、何人かで飲むときはよいのですが一人分だけ作ると・・お湯の注ぎ口部分に茶こしをセットするとお湯をたくさん入れないといけない。(茶葉もたくさん必要)

茶こしを使わず、湯飲み側で茶こしをセットした場合は急須の注ぎ口などに茶葉が引っかかって洗いにくい。

などなど、決して大きすぎる急須を使っているわけではないのですが、一人で日本茶を飲みたいときは「急須」問題はとても重要!

一人でも入れたての美味しいお茶が飲みたい!!

そこで、一人分を入れるのにちょうどいい、使いやすくておしゃれな『透明急須』を使うようになったのでご紹介したいと思います。


煎茶堂東京の透明急須

煎茶堂東京は東京銀座にある日本茶の専門店です。

日本の伝統的な茶道と、身近で便利なペットボトルの中間に位置付けすることができる【暮らしを豊かにするお茶のカルチャー】を作っているショップです。

煎茶堂東京は品質の良い茶葉を生産者から直接買い付けを行っています。

他社が複数の茶葉を混ぜて作るところ、煎茶堂東京では、希少な日本茶を単一農園・単一品種で販売をしているそうです。

茶葉にもこだわる煎茶堂東京ですが、茶葉のパッケージやお茶にかかわる茶缶、茶器にもこだわりがあります。

シンプルなデザイン、そしてとても使いやすくなっています。

煎茶堂東京の急須は「割れない透明急須」。究極にシンプルにお茶を淹れられることをコンセプトに作られた一人用の急須です。

スポンサーリンク

煎茶堂東京の「割れない透明急須」を使ってみた 口コミレビュー

割れない透明急須を使ってみました。

今まで、紅茶用の透明ポットを使ったことはあるのですが、ガラス製だったのですぐに割ってしまった経験があります・・・。

煎茶堂東京の割れない透明急須は、飽和ポリエステル樹脂というもので作られているので割れないのは嬉しいです♪

蒸気や熱風の吹き出し口から離しておけば、食器洗洗浄機にも入れてOKです。

蓋がフラットなので重ねて収納できます!

数人でお茶を飲むときは、大きな急須で入れて茶飲みに注ぎ入れるのが一般的です。でも、収納がしやすければ一人用の急須を何個か用意をしておくのも良さそうですね。

それぞれが美味しいタイミング、飲みたい茶葉でお茶が飲めるのは魅力です。

蓋の内側の後ろは空いている箇所があります。

お茶を茶飲みに注ぐときは、蓋の空いている部分は本体側に空気穴が開いている後ろ側へ。

今回は「みなみかおり」という鹿児島県原産地のお茶をいただきました。

これはお試しサイズで、1回分の茶葉が入ったパックです。

大きなサイズも売られていますが、茶葉は封を切ると酸化が進むので初めての時は買いにくいですよね。

でも、1回分のパックだと味見をしてみたい。という時も気軽に利用することができますね。

茶葉は1回4g。1回分のお試しパックは4g入りなのでそのまま入れます。

70度のお湯を120㏄。

一度沸騰させたお湯を70度まで下げたほうがいいそうです。

温度計があればいいのですが、我が家にはなかったので沸騰をして少しおいてからお湯を注ぎ入れました。

茶葉が浸るくらいお湯を入れるとだいたい120㏄なので、測っていれる必要はありません。(写真は少しお湯が少ないかも・・)

茶葉が開いてきたら蓋をして、湯飲みに注ぎ入れます。

透明の器、そしてお湯を使っているので、この急須持てるの?とかなり心配でした。

持ち手がない。

でも、そんな心配は不要でした!

まったく熱くない!!

手でふたを抑えて最後まで注ぎ入れることができます。

普通の急須なら、蓋の持ち手も熱々でフキンなどで押さえるところですが、透明急須はその必要はありませんでした。

少しお湯が少なめだったので、濃い目に入ったようです。

でも、飲んでみるととっても美味しい♪いい香りです。日本茶ってほっとするしやっぱり良いですね。

二煎目も美味しくいただきました。

透明急須は一般的な急須と違い中の作りがシンプル。

だからとても洗いやすかったです。

茶渋に苦労することも無さそうです。

一人分が手軽に作れ、お手入れもしやすい透明急須があればもっと日本茶を飲む回数が増えそうです♪


煎茶堂東京の透明急須 まとめ

煎茶堂東京の透明急須は一人分のお茶が入れやすく、お手入れなどもしやすい急須です。

見た目もおしゃれなので、ギフトとしても喜ばれそうですね。

自宅用はもちろん、茶葉とセットにできるギフトボックスも用意されていますよ。

詳しくは煎茶堂東京のWEBサイトで確認してくださいね。

→ お茶のある暮らし【煎茶堂東京】

スポンサーリンク
おすすめの記事